本文へスキップ

入浴剤・消臭液・洗剤・脱硫剤等の業務用品を幅広く手がける

≫サイトマップ

沿革Development


会社沿革

昭和22年(1947)12月
会社設立 資本金198,000円 人体寄生虫薬の製造販売を開始
昭和23年(1948) 3月
資本金を1,000,000円に増資
昭和24年(1949)11月
資本金を2,000,000円に増資
昭和31年(1956) 2月
人体寄生虫駆除薬「イチジョウ」の製造・販売を開始
         9月
東京出張所を開設
昭和38年(1963) 1月
便槽中の寄生虫殺卵剤「デリサン」の製造・販売を開始
         4月
本社裏に工場新築・移転
昭和40年(1965) 1月
別会社「ビワコ理工(株)」を設立
         3月
くみ取り式トイレ用、消臭・殺卵・殺蛆・殺菌剤「デリサン−D」の製造・販売を開始
         6月
人体寄生虫駆除薬「ケルダンーA」の製造・販売を開始
昭和41年(1966) 8月
人体寄生虫駆除薬「ネオ・イチジョウ」の製造・販売を開始
昭和42年(1967)10月
本社を現在地に移転
昭和44年(1969) 6月
資本金を4,000,000円に増資
        10月
循環式トイレ用薬剤「デリサン−B」の製造・販売を開始
昭和45年(1970) 6月
資本金を6,000,000円に増資
        12月
循環式トイレ用薬剤「デリサン−W」の製造・販売を開始
昭和46年(1971) 1月
現在地に第2工場2棟新築
         6月
資本金を10,000,000円に増資
        10月
バキュームカー用脱臭装置「エカホ」の製造・販売を開始
昭和47年(1972) 2月
業務用消臭液「デリサンーE」・「デリサン−L」の製造・販売を開始
        10月
国鉄用循環式トイレ用薬剤「イブキ」・「イブキ−A」の納入を開始
昭和48年(1973)11月
海上自衛隊用循環式トイレ用薬剤「デリサン−MP」(粉末)及びデリサン−S4の納入を開始
昭和49年(1974)10月
畜産用消臭剤「デリサン−C」の製造・販売を開始
        11月
第2工場3号棟新築
        12月
乾式脱アンモニア剤「ニオノン101」及び乾式脱硫化水素剤「ニオノン201」の製造・販売を開始
昭和50年(1975) 1月
家庭用品及び健康食品販売部門を新設
昭和51年(1976) 3月
船舶循環式トイレ用スケール除去剤の製造・販売を開始
昭和52年(1977) 3月
洋式水洗トイレ用芳香防汚剤の製造・販売を開始
昭和53年(1978) 4月
家庭用風呂釜洗浄剤「クリーンヒット」の製造・販売を開始
昭和54年(1979)10月
第2工場4号棟を新築
昭和55年(1980) 2月
除草剤「パラン」の製造・販売を開始
昭和56年(1981) 5月
脱硫化水素剤「ニオノン202A」の製造・販売を開始
昭和57年(1982) 4月
高性能脱硫化水素剤「ニオノン202HR」の製造・販売を開始
昭和59年(1984) 5月
脱硫化水素剤製造ライン増設
昭和60年(1985) 3月
第2工場5号棟新築
昭和62年(1987) 2月
入浴剤「バスフレンド・イヴタス」の製造・販売を開始
昭和63年(1988)12月
第2工場6号棟を新築
平成元年 (1989) 2月
循環式トイレ用薬剤「デリサン−TP」の製造・販売を開始
平成2年(1990) 2月
仮設トイレ用消臭剤の製造・販売を開始
平成4年(1992) 3月
第2工場厚生棟新築
         6月
真空式トイレ用薬剤「デリサン−TL」の製造・販売を開始
平成5年(1993) 9月
第2工場5号棟を拡張
平成6年(1994) 5月
脱塩素剤「ニオノン302C」の製造・販売を開始
平成8年(1996) 2月
X線分析装置を導入
         3月
介護用ポータブルトイレ消臭剤の製造・販売を開始
平成10年(1998)12月
研究施設を現在の施設に拡張
平成11年(1999) 3月
入浴用化粧品(入浴剤)の製造・販売を開始
平成14年(2002)11月
ISO9001認証取得
平成16年(2004) 6月
第2工場6号棟拡張
平成17年(2005) 2月
資本金を30,000,000円に増資
         7月
第2工場製品倉庫を新築
        10月
工場用地拡張(15,663u購入)
平成19年(2007) 1月
第2工場4号棟を大幅改修し、入浴剤専用棟とした
全ての生産機能を第2工場に集約し、本社工場を廃止
平成20年(2008) 9月
脱硫化水素剤専用倉庫を新築
平成24年(2012)12月
社名変更(現在の株式会社伊吹正となる)